BIOGRAPHY

JONNY
(L→R) 舟橋孝裕(Ba.)  佐藤美生(Vo.&Gt.)  篠田尚希(Gt.)

2004

10月 佐藤美生(Vo.)・野々垣貴彦(Dr.)によりWEEZERのコピーバンドとして結成。
海外、国内、様々なジャンルに影響を受け「とにかく楽しむこと」をコンセプトにオリジナル曲を制作、名古屋のライブハウスを中心に活動を始める。

2005

1月くらい 篠田尚希(Gt.)加入。
「わたしは名古屋のスカパンクシーンをもう一度盛り上げてみせる」と言いJONNYを脱退した初期ギタリスト・ねぎま(YouKARI CHUNKY/HELLO WORKS)に紹介されて登場。当時彼は『California』と書かれたトートバッグとボーダーのボートネックのロンTを愛用していた。
10月 自主制作ミニアルバム『JONNY』を発売。
ライブ会場のみならず、熊谷モルタルレコーズ、下北沢ハイラインレコーズなどで販売され、あっという間に1000枚完売。

2006

多分ライブばっかしてた。
どっかのタイミングでベースにロビンが加入(その時点でベーシストは4代目)

2007

5月~6月 お笑い芸人ザ・プラン9の劇 『フォーチュンと僕たち』のBGMにJONNYの楽曲が起用される(奇跡)。
OPテーマ曲には『Uncle fucker』が、他にも『Where is the line』『Peter』等が採用され、舞台を見た美生は、逐一涙を堪えるのに必死だったと言う。

2008

1月 2年間ベーシストを務めたロビンが脱退。
5月 大阪にて行われた"御堂筋アートグランプリ"にて優勝。
サポートベース・けーたくん(ビビビビ)が、ラストの曲の大サビ前にベースをほ折り投げ踊り狂うなど、約3万人の客を前に堂々のライブをぶちかます。
8月 THIS TIME RECORDSの国内、海外、メジャー、インディーが入り乱れた、パワーポップバイブルとも言えるコンピレーションアルバム『OK!POWER POP』の第2弾に参加。
大好きなOZMAと一緒のCDに参加している事に美生失禁。
12月 ONE BY ONE RECORDSに所属。
2005年発売の自主制作ミニアルバムを『cake album』として再発売。発売直前、一身上の都合により美生が坊主になる。

2009

12月 ONE BY ONE RECORDSよりタワーレコード限定シングル『Get some lack to be punky』を発売。
コンドームをあしらったジャケット、7曲入り500円という価格設定に、業界が呆れかえる。

2010

1月 2009-2010年の新栄クラブ・ロックンロールで行われたカウントダウンライブで味をしめ、美生がギターをかなぐり捨てピンヴォーカルに転向。
不完全密室殺人/紙コップスよりギタリスト・各務鉄平を迎え、更に問題の多いライブバンドと化す。
3月 1年間のサポート期間を経て、舟橋孝裕(Ba.)が正式加入。
特に発表もなく、秘密裏に行われる。
5月 初期メンバーであった野々垣が脱退。
ホームページにて発表された、
5年の付き合いであるのに、2010年に入ってから急にヴォーカル・みおのことを、「みおさん」から「みお」という呼び捨てで呼ぶようになったことが発端となり、みおとの関係性が悪化、「このままではいけない」と、メンバー同士で幾度となく話し合いを重ねてまいりました。
そして先日、数度目の話し合いの結果、「一度呼び捨てで呼んだ人のことを、また『さん』や『ちゃん』を付けて呼ぶのは、すこぶる恥ずかしい」という結論にたどり着き、野々垣脱退という選択を取るに至りました。
という脱退理由が、各地で物議を醸す。
同月 野々垣脱退記念に初のワンマンライブ開催。
大成功。滞りなく野々垣を送り出す。
6月 ONE BY ONE RECORDSよりアルバム『POP STAR』を発売。
「ジャケットの美生さんは、本当に地面に埋められているのですか?」という質問を多数いただく。

2011

1月 美生がギターを再び手にする。
サポートメンバーであるはずの各務鉄平があまりに強烈なプレイヤーであるため、訳が分からなくなり、元の4人体制となり初心に帰る。
10月 THE MUFFS JAPAN TOUR 2011にゲスト出演
執念で掴み取った奇跡の対バン。キム・シャタックは、想像以上にデカかった。

2014

各々、出稼ぎ、なう。
密やかに福岡“せんちょー”大資がドラマーとして加入するも、メンバーそれぞれの課外活動が忙しくなりすぎたため、中々活動ができない状況に。
JONNYとしては、美生が時にサポートメンバーを交えながらアコースティックと銘打ったライブを展開しつつ、再度結集できる機会を伺っている。

ページの先頭へ